まほろば日記
いにしえより伝えられて来た、しきしまのやまとの暮らしぶりをお伝えして行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戦争と女性への暴力」日本ネット…最高裁で敗訴
 ことの発端は2001年、NHKで放送された「問われる戦時性暴力」の放送内容が、情報提供した「戦争と女性への暴力」日本ネット(バウネット)の期待通りに放送されなかった事を不服として起こされた裁判が、最高裁で原告敗訴という結果に終わった。

 削除されたのが、いわゆる「従軍慰安婦」問題を裁く「女性国際戦犯法廷」で、国と昭和天皇にその歴史的責任があるとした判決の場面である。
 
 今回の最高裁の判決、つまり原告敗訴の理由は、報道による「編集の自由」を尊重するというものだ。高裁の判決を逆転させた、原告敗訴は喜ばしいものだが、番組改編という表面的な理由には違和感が残る。
 
 そもそも、バウネットといういかがわしい団体が取材した、「女性国際戦犯法廷」といういかがわしい材料をテレビで流そうとしたNHKの報道姿勢に最大の問題がある。戦争から何十年も経ってから、政治的に作られた「従軍慰安婦」という言葉は、真偽の程も決着していない事柄である。それを当然の様に論じ、当然の様に報道する。これは歴史への冒涜である。

 また、番組改編に中川昭一議員と安倍前総理の圧力があったと、見てきたような報道をした、朝日新聞は今後どうなさるのでしょうか。この議員関与に関しては、高裁・最高裁でも全くその関与を認めなかったのだ。朝日新聞さま、報道の良心を示してください。
スポンサーサイト


プロフィール

さくら

Author:さくら
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。